スタッフブログ

当店オリジナルのオーガニック米を発売いたします。

新製品のご案内 オーガニック米 

近年、食の安全性がニュースなどでも取り上げられることもあり、

目に触れる機会も多いかと思います。

新潟の胎内市で20余年オーガニック栽培されている農家さんがいらっしゃいます。

除草剤はもちろんのこと化学肥料や農薬も一切使わずに米づくりをされています。

近年、種の安全性も問われているところですが、こちらの農家さんは自家採種の種だけ使い

苗にして毎年田植えをされています。

一般的には5月のゴールデンウィークのあたりに田植えをしていますが、

こちらの農家さんは6月に田植えをします。

 農家さん曰く「5月に田植えをすると雑草は成長が早く稲より高くなるので

除草剤を使うことになる。

6月であれば苗も成長しているので、水をたくさん張ることが出来る。

つまり雑草を水で蓋することが出来るので除草剤を使わないですむ。」と、言っておられました。

田んぼの周りにはアップルミントなどハーブを植え(虫除け)、

川の水は使わず(上流から農薬、除草剤入りの水が流れてくる恐れ)

浄水した水と海洋深層水を使っているとの事。徹底的にこだわっています。

こちらの農家さんの田んぼにはイモリ(田んぼの守り神)、タガメ(絶滅危惧種)カエルなどが

住んでいますが、残念ながら周りの田んぼには何も住んでいないそうです。

ちなみに「白鳥が来る田んぼのは良い」という事を耳にしますが

農家さん曰く「稲刈りが上手じゃない田んぼには来る(笑)」そうで

決して無農薬栽培などではなさそうです。

脱穀後低温乾燥しているので水分含有量も一般のお米より多く、

その後低温で保存熟成する事で甘味や旨味が増してきます。

ですので一年を通して美味しいお米を楽しむ事ができます。

こちらの農家さんは農協には出荷していません。

 今回縁がありまして春くらいから我が家ではすでにいただいていますが、

この度当店のオリジナル商品として販売させていただく事になりました。

 我が家では発芽玄米で食べています。玄米は発芽毒がある為食べてはいけませんが、

発芽させる事で毒を解除でき世界が注目するスーパーフードが出来上がります。作り方は

いたって簡単! イベント時に試食会や発芽玄米の作り方、炊き方をレクチャーいたします。

なぜ、オーガニック米が良いのか?

農薬などは主にお米のヌカの部分にたまると言います。

一般的なお米は白米で食べる事を前提に農薬などを使い作られているそうです。

(もちろん全部は取り除けません)ですので普通の玄米を買ってきて発芽させても

食べてはいけないものも食べてしまう事になります。

(ちなみに「玄米は臭い」と感じているものは農薬です。

我が家の発芽玄米の炊き上がりは「トウモロコシ」のような香りがします。

また市販の「発芽玄米」も毒素があるので私はやめたほうがよいと思います)

 最近除草剤の危険性が世界的に言われています。

除草剤に使われている「グリホサート」は国際ガン研究機関によって「発がん性物質」と

分類されました。

世界的には使用禁止が発表されるなどしていますが、

残念ながら日本では「使用濃度を上げてもよい」との発表がありました。

今後世界で売れなくなった除草剤が日本にやってこなければよいのですが……。

いよいよ当店オリジナルのオーガニック米が!0/26.27のイベントにあわせ登場いたします。

玄米と白米の2種類で各々2キロの新米を特別価格にて発売いたします。

玄米 2160円(税込)     白米  2376円(税込)

農家さんの要望もあり袋も紫外線を通さない密封袋にいたしました。

*お米は紫外線が苦手のため

ラベルも当店らしい!?デザインにしました。

*イベント時には発芽玄米の試食会も行います。

関連記事

お知らせ

  1. 12.302019

    年始の営業
  2. 12.112019

    チョコレート第4弾
  3. 12.82019

    チョコレート第3弾
ページ上部へ戻る